10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

枕流荘 「京亭」

2017/06/20

練習をしないので、歴の割りに一向にゴルフが上達しない私は、もっぱらアフターゴルフを楽しみにラウンド。
「天然鮎を食べに行きましょう」と友人夫婦にお誘いを受けて、埼玉、寄居へとゴルフ旅行にでかけてきました。
友人夫婦のおすすめの鮎の名店、枕流荘「京亭」さんに伺いました。
天然鮎(時期によっては養殖らしい)がコースでいただける、
広大な日本庭園を持つ静寂な割烹旅館です。
生憎、宿泊は満室だったので夕食だけの利用。

甘露煮からはじまり、前菜盛り、刺身、塩焼き、焼き物、名物の鮎飯とまさに鮎づくし。
素材が同じなのに、それぞれに全く違う鮎のおいしさを楽しめるのは、日本料理ってすごいなぁと、
その奥深さを実感させられました。

鮎の甘露煮とうるか。
甘露煮はじっくり煮てあるので、頭から尾まですべておいしくいただけます。
DSC_0812_convert_20170621094720.jpg

天然鮎のおいしさに感動して、
写真をとることをすっかり忘れてしまいました。
名物の鮎飯の写真を撮り忘れたのは、痛恨の極みです
↓塩焼きはお庭の青もみじと一緒に籠盛りされ目で楽しんだ後、たで酢と共に、銘々に仲居さんがわけてくれます。
鮎飯も、仲居さんがきちんと骨とりをしてくださいます。
DSC_0813_convert_20170620194926.jpg

日本庭園を眺め、川の流れを聞きながら、美味しい料理とお酒をたのしむ時間は、
優雅で至福のものとなりました

スポンサーサイト
20:03 おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示